プラネット・テラー in グラインドハウス

quote

プラネット・テラー in グラインドハウス
かつて1970年代のアメリカで流行った2本や3本立てのB級映画、通称「グラインドハウス」をロバート・ロドリゲス監督とクエンティン・タランティーノ監督が、それぞれ1本ずつ撮影して復活させたB級映画風作品。

その2本のうちの1つロバート・ロドリゲス監督作「プラネット・テラー in グラインドハウス」は、軍がひそかに開発していた秘密兵器、ゾンビ化するウィルスが漏れ出し近隣の住民がゾンビ化していき、主人公でダンサーのチェリー・ダーリンと、昔の恋人で正体不明だがガンやナイフさばきは只者じゃないエル・レイや金玉集めが趣味の売人アビー、麻酔注射をまるで凶器のように扱うダコタらがゾンビたちを片っ端からやっつけていく話。

もともと両足あったチェリー・ダーリンは、ゾンビに足を食われ(なぜかゾンビ化しない)片足になってしまう。そこになぜかピッタリのライフルをエル・レイが持っていて、なくした足のほうにくっつけ、片足がガンの女に変身する。
その片足につけたガンでゾンビ達を撃ちまくる。そうロバート・ロドリゲスが好きな妙なポーズをつけて撃ちまくるのだ。

グラインドハウスの雰囲気を出すためフィルムにノイズが入ったり、カビが入った部分があったり、途中フィルムが焼けて消失している部分がある徹底している。
やはり映画の設定や出演者(失礼)は、B級の匂いがする。しかし全体的に巧くまとまっていて、そこらのA級作品にも負けない仕上がりはさすが。

これのために作られた架空の映画「マチェーテ」の予告編が入っているが、何故か観てみたくなったのは私だけ?

それにしてもヘイグ保安官(J.T.ヘイグの弟)が、嫌がらせをしてでもほしがる(この辺の設定もB級)「ボーン・シャック」の主人J.T.ヘイグが作るバーベキューソースを食べたい。

オー・ブラザー!

quote

ギリシャの叙事詩「オデュッセイア」を題材にして、知的な笑いがちりばめられ作られたコーエン兄弟の「オー・ブラザー!」。

1930年代のアメリカを舞台に、3人の囚人が脱獄し宝物を探して旅をする道中を描く。
口が達者で身なりを気にしているエヴェレット、チョットどこか抜けていていつも文句を言うピート、トロくてお人好しなデルマーら3人はエヴェレットが強盗して隠したという大金を求めて脱獄する。

途中に濃いキャラ達が登場する。
中でも黒人でギターが上手いトミーは「魂を悪魔に売って最高のギタリストにしてもらう」と言って3人の車を十字路(クロスロード)でヒッチハイクし乗せてもらう。
彼ら4人はラジオ局で「ズブ濡れボーイズ」と名乗ってレコーディングするのだが、この歌が耳について離れない。

また車を失った3人がヒッチハイクするのだが、この車に乗っていたのが伝説の銀行強盗のベビーフェイス・ネルソンだった。しかも警官とのカーチェイスの真っ最中で3人はとんでもない目に遭う。

ちなみにトミーとベビーフェイス・ネルソンは、1930年代に実在した人物がモデル。
トミーは「十字路で悪魔に魂を売り渡して引き換えにテクニックを身につけた」という伝説(クロスロード伝説)をもつギタリスト「ロバート・ジョンソン」。
ベビーフェイス・ネルソンは、ジョン・デリンジャーらと銀行強盗で名をはせた「レスター・ギリス」である。

エヴェレット役にはコーエン作品に始めてキャスティングされ、その後常連になるコメディー初挑戦のジョージ・クルーニー、ピート役にはコーエン作品常連のジョン・タトゥーロ(今回も良いアジ出してます)、デルマー役にはティム・ブレイク・ネルソンが選ばれている。

「オー・ブラザー!」は、濃いキャラの3人が遭遇する出来事にいつの間にか引き込まれていく。
そう観ている内にコーエンワールドに引きずり込まれるのだ。これがまるでボディーブローのように効いてくる。
観終わった後も思い出すと「クスッ」と笑っている自分がいるのだ。



ちなみにジョージ・クルーニーは「ズブ濡れボーイズ」のボーカルだが、歌声は残念ながら本人ではない。


コーエン兄弟はオー・ブラザー!でもやってくれてます。主人公の異常なまでのこだわり。それが何かは見てのお楽しみと言うことで・・・。

M★A★S★H(MASH:マッシュ)

quote

朝鮮戦争の野戦病院が舞台。医師が不足している部隊「MASH」に呼ばれた二人の医師、トラッパー(エリオット・グルード)とホークアイ(ドナルド・サザーランド)。
彼らはやるべき仕事(手術)はしっかりやっている、しかも凄腕なのだが、軍規を無視してやりたいほうだいやっている。
あるときまじめな女性将校がやってくるのだが、彼らの上司なのにおかまいなしに彼女に悪戯をする・・・。

ロバート・アルトマン監督の出世作の「M★A★S★H(マッシュ)」。
戦場を舞台にしたブラックコメディなのだが、かなり怪しい。ラジオからは日本の歌が流れてくるし、ホークアイら二人の医師がお偉いさんの子供の手術のために日本の小倉にわたるのだが、出てくる日本人はチョット怪しいし、芸者たちも怪しい、だがそこが笑えたりする。
バックに時おり流れてくる放送も、よく聞いていると笑える。軍規を無視するなんて、現実の軍(日本人にはわかりにくいところかもしれない)では絶対にありえないことだし、軍の仕事で日本に渡ってるのに、ゴルフをするとかありえないだろう、しかもアロハ姿でゴルフバックを抱えて軍の病院に行くなんて、笑うしかない。
しかし、合間に出てくる手術シーンが、そこが戦場であることを思い出させてくれる。そのギャップが面白さを引き立てているのかもしれない

ロバート・アルトマンの原点ここにありといった映画「M★A★S★H(マッシュ)」は、見逃してはいけない作品!!観ていない方は是非御覧あれ。


それにしても歯医者の自殺の理由は笑えるな。それに、みんなでそれをからかうのだが、その最後の夜のシーンは、有名な絵画にソックリだ。

ゴスフォード・パーク

quote

舞台は1932年のイギリス郊外の田園地帯にあるカントリー・ハウス、ゴスフォード・パーク。
そこに主であるウィリアム・マッコードル卿(マイケル・ガンボン)と、シルヴィア夫人(クリスティン・スコット=トーマス)に招待された人々が次々と集まって来る、キジ撃ちと、豪華な食事、他愛の無いおしゃべりや他人のゴシップ、貴族たちのパーティーが始まる、そんな中事件が起こる・・・。

この映画「ゴスフォード・パーク」は、ロバート・アルトマン監督の「ザ・プレイヤー」「ショート・カッツ」等にみられる得意とする撮り方で、キャラクターそれぞれに焦点をあわせて撮られている、『階上』の貴族たち、一見あまり関係のなさそうな『階下』の召使たち、それぞれが絶妙に絡み合って、最後にはちゃんとつながっている。
まさに「ロバート・アルトマン」ワールドの集大成といってもいい作品ではないだろうか、実に絶妙なのだ。

他の監督には真似の出来ない撮り方だろう。たとえ撮ったとしても、わけのわからないくだらない作品になるに違いない。

私は観終わった後、誰と誰がどうなっていたのか混乱していたので、パンフレットを見直したくらいだ、それだけに観るときは気を抜くとわけが判らなくなってくるので、集中して観るようにした方がいい。

ショート・カッツ

quote

これぞロバート・アルトマンという作品「ショート・カッツ」は「マッシュ」と並び彼の作品の中で好きな作品の一つだが、なんといっても出演者が凄い、上の欄はスペースの関係で四人しか入れていないがその他のメンバーを挙げるとジャック・レモン、リリ・テイラー、ロバート・ダウニー・Jr、ティム・ロビンス、フランシス・マクドーマンド、アン・アーチャー、フレッド・ウォード、ジェニファー・ジェイソン・リー、クリス・ペン、マデリーン・ストー、ロリ・シンガー、ライル・ラヴェット、バック・ヘンリー、ヒューイ・ルイス、リリー・トムリン等、個性豊かな俳優たちが出ている。

9組の夫婦と家族たちが絶妙に絡み合って織りなすヒューマンドラマだがうまく表現されている、下手すると複雑になり、くだらないドラマになっていしまうところを、実に巧みな演出で面白い作品になっている。

一人もしくは二人に焦点を当てたパターンのドラマは良くあるがそれらと違って、9組の夫婦と家族それぞれに焦点が当てられ、お互いがなんらかの関係がありどこかでつながっていて、それぞれの夫婦の問題や家族の問題、日常で起こりそうな出来事が、時には面白おかしく、時にはシビアに描かれている、実に絶妙だ。

それにしても、クリス・ペンは大変な奥さんをもらったもんだな。可哀相な役だがはまってるし、笑えるから観てる方は楽しいけど・・・。

ゾンビ 「Zombie Dawn of the Dead」

quote

ジョージ・A・ロメロ監督作品のゾンビシリーズ(「ナイト・オブ・ザ・リビング・デット」、「ゾンビ」、「死霊のえじき」)は、それぞれ出来の良い作品で、ただ怖がらせるだけで、内容の無い物真似作品が多い中で、しっかりとした構成があり、ちゃんとストーリーを楽しめる。

そんな作品の中でも「ゾンビ」は、ジョージ・A・ロメロ監督の集大成と言ってもいいくらい出来のいい作品だ。

舞台はアメリカで、全米で死体(ゾンビ)が人肉を求めうろつき回っている中、ヘリコプタで、ある4人組がゾンビのいないところを求めて脱出をするが、どこもゾンビだらけだった、そんな中ある大型ショッピングモールに休息のため降り立つ。
モールには物資が豊富にそろっていることで根城にすることになる・・・。

といったストーリーで、なぜか観ていると少年時代を思い出す、よく押入れなどでの基地遊びや、探検ゴッコをやったことを思い出し、男心をくすぐられ、自分が映画の中にいるような錯覚を覚える。

彼らがやっていることが楽しそうで、自分もやってみたいと本気で思った(怖そうだけど)。

ホラーとかスプラッターと聞くだけで敬遠する人も多いいが、これは見たほうが良い、私もこの手の映画の熱狂的なファンではないが、楽しめたのでお勧めする。


それにしてもジョージ・A・ロメロの「A」って正確にはどう読むんだろうか、気になってしょうがない。

ノーカントリー(NO COUNTRY for old men)

quote

今回紹介するのは、わたしがリスペクトするコーエン兄弟の最新作ノーカントリー。

主演の保安官エド扮するトミー・リー・ジョーンズのナレーションで始まるこの映画は、1980年代のテキサスを舞台に保安官のエドの視点で描かれている。

テキサスに住む普通の男モス(ジョシュ・ブローリン)は、鹿狩りをやっているとき偶然、麻薬取引が何らかの理由で失敗した現場に出くわす。

ここでモスは、大量の麻薬と現金を発見し、その多額の現金を持ち去ることから彼の人生が大きく変っていく。

現金を持ち去られたことを知った犯罪組織は、殺し屋のシガーを差し向ける。
(「Chigurh」だからシガーが正しいのだが、映画内で一部シュガーと言うシーンがある、これはネイティブにしか解らない何か意味があるのだろうか?)

ハビエル・バルデム演じる殺し屋のシガーは、酸素ボンベにホースが付いた独特の凶器を持ち、独自の殺しルールに従って無感情で殺しを繰り返す異常な男。
時にはコインの裏表で殺すかどうかを決めるほど。

地元の保安官ベルは、モスが事件に巻き込まれたことを知り彼を何とか保護しようとする。また自分の助手を殺したシガーが、モスをも殺そうとしていることを知り、何とか捕まえようとする。

ベルは、親子3代保安官を務めてきたほどで、根っからの善人であうがため、このところ(1980年)の犯罪に理解が出来なくなっていた。

この普通人モスと、悪人シガー、善人ベルらの全く違う3人の姿を描きながら、銃撃戦などバイオレンスな部分と、ある意味猟奇的なところもありながらも、コーエン兄弟の得意とするブラックなユーモアで味付けされた作品。

その中でもやはりハビエル・バルデム演じるシガーの存在が見所の1つといえる。
アカデミー賞助演男優賞を獲ったその演技は伊達ではない。


コーエン兄弟はインタビューで、これまでとは違った作品に仕上がったと言っている。
確かにこれまでにはない要素が盛り込まれているが、特徴的なキャラが豊富に出てくるところは健在である。


それにしても「ノーカントリー」の映像は美しい。
その美しさがテキサスの荒涼とした風景とミスマッチしていて、何とも言えない雰囲気を醸し出している。

このところのコーエン兄弟の作品に見られる、出演者の誰かがこだわっている物を見つけるのも楽しみの一つ。

ゴスフォード・パーク

quote

舞台は1932年のイギリス郊外の田園地帯にあるカントリー・ハウス、「ゴスフォード・パーク」。
そこに主であるウィリアム・マッコードル卿(マイケル・ガンボン)と、シルヴィア夫人(クリスティン・スコット=トーマス)に招待された人々が次々と集まって来る、キジ撃ちと、豪華な食事、他愛の無いおしゃべりや他人のゴシップ、貴族たちのパーティーが始まる、そのなかで事件が起こる・・・。


この映画「ゴスフォード・パーク」は、ロバート・アルトマン監督の「ザ・プレイヤー」「ショート・カッツ」等にみられる得意とする撮り方で、キャラクターそれぞれに焦点をあわせて撮られている、『階上』の貴族たち、一見あまり関係のなさそうな『階下』の召使たち、それぞれが絶妙に絡み合って、最後にはちゃんとつながっている。

まさに「ロバート・アルトマン」ワールドの集大成といってもいい作品ではないだろうか、実に絶妙な構成になっている。


他の監督には真似の出来ないロバート・アルトマン特有の撮り方。

他の監督が真似たとしても、わけのわからないくだらない作品になるに違いない。

私は観終わった後、誰と誰がどうなっていたのか混乱していたので、パンフレットを見直したくらいだ、それだけに観るときは、集中して観たい。


残念ながらロバート・アルトマン監督の新作映画を観ることはもう出来ない。
2006年11月に惜しまれながら天に召されていますが、彼の残した作品達は永遠に残ることでしょう。

トレイン・スポッティング

quote

題名の「トレイン・スポッティング」の意味は「チャンスをつかめ」らしい、イギリス映画だがかなりスコットランド色が強い。

発音なんかはそんな感じだし、主演のユアン・マクレガーと、好きな俳優の一人でもあるロバート・カーライルもスコットランド出身。

監督のダニー・ボイルは「シャロウ・グレイヴ」で長編デビューをしているが、このときもユアン・マクレガーが出ている、この「シャロウ・グレイヴ」もなかなか面白い。

この「トレイン・スポッティング」が二作目となるが、またもやユアン・マクレガーと組んで、彼にとって最大のヒットとなった。

この映画は日本人(少なくとも私)にとっては衝撃的だった、特に同年代の人たちにはカルチャーショックを与えたのではないだろうか、仕事もしないで失業手当をもらい、それでヤクを買う。

それでも足りないときには窃盗をして金をつくりまたヤクを買う、彼らの生活はヤク中心でまわっている。

ロバート・カーライルいわくスコットランドでは、そういったことが現実に起こっているというのだから凄まじい国だ。

当時としては結構斬新な描き方だった、その後の似た映画を観ればわかるとおり、かなり影響を与えた映画ではないだろうか。

出演者はそれぞれ個性が強いが、なかでもスパッド役のユエン・ブレンナーは最高だった、失業手当を貰うために面接に行くのだが、あまり喋るのは得意じゃないからとヤクをやっていくのだが、ハイになっていて訳のわからないことを弾丸のように喋って落とされてしまうのだが、それが面白くてはまってしまった。


それにしてもロバート・カーライルの出る映画(イギリス映画)で、サッカーの話題が出ない作品はあるのだろうか。


スリング・ブレイド

quote

監督のビリー・ボブ・ソーントンは俳優としてかなり有名だと思うが、この初監督映画の「スリング・ブレイド」は、監督・脚本・主演など三役をこなしている。

俳優として有名な人は、監督ではうまくいかないのがこの世界の常識とまではいかないまでも、失敗(駄作)に終わるケースが多いのだが、この「スリング・ブレイド」は凄い!

何が凄いって、ビリー・ボブ・ソーントンが出ている映画を観ている人はわかると思うが、超一級のカメレオン俳優ぶりを遺憾なく発揮している、キャストなどを見ないで、これを観るとビリー・ボブ・ソーントンが出ていた事にきずかないだろうと思うくらいだ、知っててもこれが!?という感じなのだから。

勿論、ビリー・ボブ・ソーントンの演技力だけではない、脚本もいいし監督としてもたいしたものだ。

あらすじに少し触れておくと、知的障害を持ち、母親とその不倫の相手を殺害し施設に収容されていた主人公(ビリー・ボブ・ソーントン)と、ある少年と家族とのヒューマン・ドラマ。

最後に、ビリー・ボブ・ソーントンが「スリング・ブレイド」以外で、カメレオン振りを発揮している映画を紹介しておくと、あのサム・ライミの「シンプル・プラン」「ギフト」、オリバー・ストーン監督の「Uターン」(これも面白かった!)など、興味のある方は、チェックしてみてはいかがだろうか。

Recent comment

Recent trackback