<< プラネット・テラー in グラインドハウス | main | REVOLUTION6(レボリューション6) >>

ハードキャンディ

quote

現代版赤ずきんちゃん。ハードキャンディ。
とは言ってもオリジナルストーリー。
出演者は3人だが、ほぼ2人で作られた極低予算映画。

14才の少女ヘイリーは、出会い系サイトで知り合った34才のカメラマンのジェフと直接会う約束をする。
キュートな少女ヘイリーを気に入ったジェフは、いつものように彼女を自宅に招待する。
ヘイリーは疑う様子を見せることなくジェフの家についていく。ジェフは下心見え見えで酒を飲ませようとする、しかしヘイリーは自らスクリュー・ドライバーを作りジェフに勧めるのだ。
そして罠だと気付いた時には既に遅かった。。。。

この映画は怖い。特に男性はイライラするだろうし、腹立たしくも思うだろう。しかし一番は身も凍る(縮こまる)思いをする事だ。
14才と言えば中学生だが、34才のおっさんと世にも恐ろしい(面白い?)ゲームを繰り広げる。


ちなみにハードキャンディは、直訳すると「固いアメ」だが、題名で使われている意味は、スラングの方だ。
その辺の意味は、このサイトでは自粛させてもらう。意味を知らないで観た方が楽しみが増えて面白いだろうから。

Comments

mue
TBありがとうございました。
何度かTBしていただいて、とても嬉しいです。
ハードキャンディーは男性目線での感想も聞いてみたかったので、なるほどと読ませていただきました♪
今後ともよろしくお願いいたします。
446
コメント有難うございます。
そのようですね映画のチョイスが近いようですね。
男性にとっては、この映画は非常に怖いですね。
こちらこそよろしくお願いします。

Leave comment










Trackbacks

Trackback URL
黒猫のうたた寝
ハードキャンディ☆独り言
現代版赤ずきんちゃんのエレン・ペイジは誰かに似ている(笑)お友達の感想見たら・・・思わずうなづいちゃいました。野沢直子+ジュリエット・ルイス+ハーレイ・オスメント+大竹しのぶ÷4どれも・・・ぴったり当てはまりそうです^^;;;『ハードキャンディ』観に
悠雅的生活
ハードキャンディ
赤頭巾ちゃんが狼を見つけたとき…
気ままに映画日記☆
ハードキャンディ:赤ずきんには気をつけろ シネマライズ
チャットで知り合った少女。こいつはちょろいと思ったら・・・ タイトル:ハードキャンディ 監督:デイヴィッド・スレイド 出演:パトリック・ウィルソン/エレン・ペイジ 製作:2005年米 俺はジェフ(パトリック・ウィルソン)。ちょっとは名の知れた写真家で、大
tetujin's blog
ハード・キャンディ
"I promise to get rid of all the evidence.....or not."「証拠は消してあげる・・・・・・かも♪」そう来たか! 忘れられない1枚の絵がある。20数年前に旅先のパリの街角で見かけた絵だ。はでな帽子をかぶった道化師の肖像が描かれていた。道化師のメイクした顔が
僕は映画に恋をする
「ハードキャンディ」 2005年 アメリカ
  監督 デヴィッド・スレイド 出演 パトリック・ウィルソン (ジェフ・カメラマン)     エレン・ペイジ (ヘイリー・14歳の少女)     サンドラ・オー (トクダ・隣の住人) 『危険な赤ずきんちゃんにご用心』 ものがたり  ジ
毎日が映画日和
『ハードキャンディー』
出会い系チャットで知り合ったヘイリーとジェフはカフェで会う約束をする。14歳というヘイリーの年齢を気にするジェフを尻目に無邪気に振舞うヘイリー。意気投合した二人はジェフの自宅に向かうことにするが…。 2005年のサンダンス映画祭で話題になった作品です。先日

Recent comment

Recent trackback