<< オー・ブラザー! | main | プラネット・テラー in グラインドハウス >>

バーン・アフター・リーディング

quote

「ノーカントリー」で話題をさらったコーエン兄弟の作品。
突然CIAを止めてしまったアル中気味で短気なオズボーン(ジョン・マルコヴィッチ)。CIA時代の暴露を含めた自伝を書くために家に引きこもる。
そのオズボーンの妻で女医のケイティ(ティルダ・スウィントン)は、連邦保安官のどスケベ男ハリー(ジョージ・クルーニー)と不倫中で、オズボーンと離婚を考えている。
奥さんに惚れているのに浮気しまくるハリーは、極秘裏に地下室で何かを作成中。一度も人を撃ったことがない。
フィットネスジムで働くリンダ(フランシス・マクドーマンド)は、男との出会いのために全身整形を考えている。登録した出会い系サイトで、知り合った男とデートを繰り返すうちハリーと出会う。
リンダと同じフィットネスジムでインストラクターをやっているチャド(ブラッド・ピット)は、頭は弱いが体力には自信がある筋肉バカ。iPodで音楽を聴くこととチャリンコにこだわりをもっている。
ある日フィットネスジムのロッカールームで落とし物のCDが見つかる。チャド達はそのCDの中を見てCIAの機密情報と勘違いする。
CDの持ち主がオズボーンであることを突き止めたチャドはリンダと共謀して金を脅しとろうと画策するが失敗してしまう。そのCDをロシア大使館に売ろうとしたことで、CIAに目をつけられ監視されることになる。
超豪華な出演者達だが、それぞれに良いあじ出してます。
コーエン兄弟が作り上げた、お馬鹿でどこか抜けたキャラクター達が上手く絡み合って形になっている。そのキャラクター達が実に絶妙な組み合わせになっていて、それぞれが重要なキャラになっている。
クライムサスペンスのような雰囲気を醸し出しつつ、例の「クスクス」笑いに巻き込まれるコーエン兄弟ファンにはたまらないコメディー映画。



Comments

Leave comment










Trackbacks

Trackback URL
パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ
バーン・アフター・リーディング
アカデミー賞に輝いた「ノーカントリー」のジョエル&イーサン・コーエン兄弟監督の最新作で、今回はガラリと趣向を変えた犯罪コメディ作品。 物語:アメリカの首都、ワシントンDC。この世界の政治の中心地ともいえる街のフィットネス・センターで働く、脳ミソが

Recent comment

Recent trackback