<< 私的映画鑑賞法 | main | タンク・ガール (TANK GIRL) >>

アメリ

quote

「アメリ」2001年に公開されたフランス映画。
ヒット作不毛時代のフランス映画界にあって「アメリ」は大ヒット。
監督は「デリカテッセン」のジャン=ピエール・ジュネ。
ブラックな「デリカテッセン」同様に、この「アメリ」もブラックユーモアたっぷりな映画。

少女時代に医者だった大好きな父親に身体検査を受けるが、うれしさと興奮で心臓はバックバック、そのため父親は心臓病と勘違い。
それ以降部屋に閉じこもり外部との接触を禁じられる。
そのためにアメリは、他人とのコミュニケーションをとれない、妄想好きな変わった大人に成長していく。

成長したアメリは、実家を出てカフェで働きながらアパートで一人暮らしを始めた。
そんなある日バスルームの壁の下から前の住民が残していった小箱を見つける。
それは、子供が大切な物をしまった小さな宝箱だった。
妄想好きなアメリは、宝箱の持ち主の妄想を始めるが、やがて持ち主を捜して返してあげることを思いついた。
ここからアメリの探偵ごっこと壮大なイタズラが始まる。

アメリのイタズラは、憎めない笑顔と愛らしさが嫌みを感じさせない。
父親や八百屋の店主、カフェの同僚等々へのイタズラ。
しかし、イタズラの目的は彼らを幸せにするためだった。

ある時、気になる男性が現れるが、コミュニケーションが下手なアメリは、自分を幸せにする計画を立て実行する。
この計画が笑えるのだが、その辺は見てのお楽しみ。


アメリのオドレイ・トトゥは「ダヴィンチ・コード」のソフィ役の女優だが、アメリ役はまり役だった、最高の演技を見せてくれる。

それにしても父親への世界を股にかけたイタズラは最高に笑えた。

Comments

Leave comment










Trackbacks

Trackback URL
みはいる・BのB
DVDで 『アメリ』 を観た♪
近々NHK-BS2 で放送されるらしく、予告編を観ていると 無性に観たくなり ひさびさにDVDを鑑賞しました。
Heaven of the Cinema
アメリ
アメリのいたづらによって 凍ったように止まっていた人生が 幸せに向かって動き出す そして彼女自身の人生もまた、、、 人が幸...
プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]
映画評「アメリ」
☆☆☆☆(8点/10点満点中) 2001年フランス映画 監督ジャン=ピエール・ジュネ ネタバレあり
kisatonomori
映画 『アメリ』
/  AMELIE (2001) フランス 監督: ジャン=ピエール・ジュネ Jean-Pierre Jeunet 製作: クローディー・オサール Claudie Ossard 脚本: ジャン=ピエール・ジュネ Jean-Pierre Jeunet ギョーム・ローラン Guillaume Laurant 撮影:
PICO*THEATRE
アメリ
幸せになる お薦め度:.★★★★. アメリはやっぱり可愛いよね。言うまでも無く上映当時、異例の大ヒットした単館系映画。見る前にかなり評...

Recent comment

Recent trackback