<< リチャード・ニクソン暗殺を企てた男 | main | 

イングロリアス・バスターズ

quote

タランティーノにとってイングロリアス・バスターズは、パルプフィクションをしのぐ興行成績を残しそうな映画。 内容的にもタランティーノの作品の中では、パルプフィクションに次ぐ良作。 話の舞台は第2次世界大戦下、悪名高きナチスドイツによって占領されたフランス。 ユダヤ人の迫害を続けるナチスドイツ軍と、それに制裁を加えるべく結成されたアメリカ軍の特殊部隊「イングロリアス・バスターズ」の闘いを中心に、5つのチャプターに分けられたストーリーが展開していく。 そこにユダヤ・ハンターの異名をとるランダ大佐の追跡から、間一髪で逃げ切ったフランス系ユダヤ人ショシャナが絡んでくる。 この映画の中心となるバスターズの構成員は、ユダヤ系アメリカ人でなかなか癖がある。 中心人物のアルド・レイン中尉(ブラッド・ピット)は、アパッチの血も引いていて自慢のナイフで頭の皮を剥ぐのが趣味。 他にもバットで脳みそをぶちまける「ユダヤの熊」。ナチ将校13名を殺害したもとドイツ兵などが登場する。 ナチス側は、冷静沈着で頭が切れ、ユダヤ人を捜索させたら右に出るものはいない、ユダヤハンターことハンス・ランダSS(親衛隊)大佐(クリストフ・ヴァルツ)。 250人の連合軍兵士を殺した英雄フレデリック・ツォラーSS一等兵(ダニエル・ブリュール)。英雄である彼を題材にした映画が、本人主演で作られる。 イングロリアス・バスターズは、戦争映画といわれるが大規模な戦闘シーンはない。暴力描写はあるものの、ほとんどがナチスとバスターズ達の心理的ヒューマンドラマで、人種問題などきわどい所もあるが、出演者達のキャラクター付けにもみられるブラックな笑いが、あちらこちらにちりばめられている。 しかし、なんと言ってもこの映画の見所は、主演のブラピ扮する「バスターズ」のアルド・レイン中尉とクリストフ・ヴァルツ扮する「ユダヤ・ハンター」ハンス・ランダ大佐達の観るものを引きつける演技力だろう。 彼ら二人の醸し出すキャラクター達は素晴らしい。これだけでも観る価値はあるだろう。 それにしてもブラピは、オードリー春日ばりの姿勢の良さもさることながら、存在感がすごい。 イギリス軍の将軍役で登場するマイク・マイヤーズも出てくるだけで吹いてしまった。 また、サミュエル・L・ジャクソンとハーヴェイ・カイテルが声だけで出演している。 最後にクエンティン・タランティーノ黄色好きだな。
JUGEMテーマ:映画

Comments

margot2005
TBありごとうごさいました!
何度かお送りしたのですが、こちらにはTB反映されないようで残念です。
タランティーノ最高!でした!
446
コメント有難うございます。
TBは相性があるようですね。
イングロリアス・バスターズ最高に面白かったですね。
タランティーノの最高傑作といっても良いかもしれません。
また遊びに来て下さい。
ちょび之助
TBありがとうございます。

ブログ人がメンテナンスをしてからTB通知もなければ、してもいないのにスパム扱いにされていたりなので今頃になりました。

TBが反映されないようなのでコメントを残させていただきます(ブログ人は相性が悪い所が多いです)。
446
ちょび之助さんコメント有難うございます。
あまり気にしないで下さい。
このブログもTBはじかれること多々ありますよ。

Leave comment










Trackbacks

Trackback URL
とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver
イングロリアス・バスターズ
この映画の秀逸な着眼点は、途中からナチス側が迫害される恐怖におびえる点だ。さらに、映画館の中にヒトラーらの幹部を集めて可燃性フィルムを使って劇場に火をつける。映画の中でナチス幹部を抹殺して、外に逃げたユダヤ人ハンターのハンス・ランダ大佐(クリストフ・
だらだら無気力ブログ
イングロリアス・バスターズ
1941年、ナチス占領下のフランスの田舎町で、ユダヤ人女性のショシャナは 家族とともに匿われていたが、家族はナチスドイツのランダ大佐によって 発見され射殺されてしまう。ただ一人ショシャナは銃撃を免れて逃げだす ことに成功する。 1944年、アルド・レイン中尉を
肩ログ
イングロリアス・バスターズ (2009)
INGLOURIOUS BASTERDS アメリカ 監督・脚本:クエンティン・タランティーノ 出演:ブラッド・ピット、ダイアン・クルーガー、クリストフ・ヴァルツ、メラニー・ロラン、イーライ・ロス、他 ささっ! 今回もぶっ飛んでくれるんでしょうか? 1944年、ナチ
気ままに映画日記☆
イングロリアス・バスターズ:ナチは許すな 渋東シネタワー
ぶっとんだコメディかと思って見に行ったら、きっつい戦争映画だった。 タイトル:イングロリアス・バスターズ 監督・脚本:クエンティン・タランティーノ 出演:ブラッド・ピット/メラニー・ロラン/クリストフ・ヴァルツ/ダニエル・ブリュール/イーライ・ロス/ダイ
古今東西座
「イングロリアス・バスターズ」
基本的にクエンティン・タランティーノ監督の作品は「男の子映画」なんだと思う。もしも彼が漫画家だったら『少年ジャンプ』が似合いそうな作風ではなかろうか。したがって男子受けはするだろうけど、女子からは今ひとつ支持されない作家であるような気がする。
★☆ひらりん的映画ブログ☆★
★「イングロリアス・バスターズ」
今週の平日休みは、貯まってる鑑賞ポイントを使ってタダ観で2本。 その2本目。 タランティーノ監督作史上最高のヒット作となってるらしい本作・・・ ブラピが主演のヒトラー退治ものだけど・・・ 映画製作系のストーリーなところが、タラちゃんらしいのか???
心のままに映画の風景
イングロリアス・バスターズ
1941年、ナチス占領下のフランスの田舎町。 “ユダヤ・ハンター”の異名をとるハンス・ランダ大佐(クリストフ・ヴァルツ)に家族を虐殺され...
Diarydiary!
イングロリアス・バスターズ
《イングロリアス・バスターズ》 2009年 アメリカ映画 − 原題 − INGL
NiceOne!!
『イングロリアス・バスターズ』(2009)/アメリカ
原題:INGLOURIOUSBASTERDS監督・脚本:クエンティン・タランティーノ出演:ブラッド・ピット、メラニー・ロラン、クリストフ・ヴァルツ、ダニエル・ブリュール、イーライ・ロス、ダイアン・クルーガー、ジュリー・ドレフュス鑑賞劇場 : TOHOシネマズ日劇(TOHOシネ
とりあえず、コメントです
イングロリアス・バスターズ
第二次世界大戦下のフランスを舞台に、ナチスと彼らを脅かす極秘部隊との戦いを描いた クエンティン・タランティーノ監督最大のヒット作です。 最初から最後までタランティーノらしいテンションで突き抜けていました〜
フリーライター・山口拓朗の音吐朗々NOTE
映画批評「イングロリアス・バスターズ」
2009.11.18 映画批評 11月20日公開の「イングロリアス・バスターズ」...
Men @ Work
イングロリアス・バスターズ
現在公開中のアメリカ映画、「イングロリアス・バスターズ」(監督:クエンティン・タランティーノ)です。TOHOシネマズ六本木シアター5で鑑賞しました。 独特のヲタク的センスで「何でもアリ」の映画を作り続けている(といっても私は4作しか観ていないのですが)タ
tomozoのうれし★たのし★大好き
イングロリアス・バスターズ
なんと、ジャパン・プレミアの試写会が当たってしまった。残念ながらイエロー・カーペットは無理だったけど、ブラピやタランティーノの舞台挨拶が見ることができた。タラちゃんは、やっぱり機関銃のように早口でテンション高くて、愉快なヤツだった(サニー千葉にもらっ

Recent comment

Recent trackback