<< 隠された記憶 | main | ディセント >>

オープン・ウォーター

quote

オープン・ウォーターは1998年1月25日。
オーストラリアのグレート・バリア・リーフで起きた実際の事件を基に作られた。
低予算で作られたインディペンデント系のこの映画は、サンダンス映画祭でも話題になった作品。
低予算であるがためにCGやセット、スタントは使わずに海で撮影された。


アメリカからカリブ海にバカンスに来ていた夫婦は、余暇を楽しんでいた。
そしてある日スキューバ・ダイビングのツアーに参加する。
何組かのツアー客と乗員達を乗せたリーフ・エクスプローラー号は、早朝ダイビングスポットに向けて出発する。
ガイドの説明を受け2人1組でのダイビングが始まった。
予定時間ギリギリに海面にあがってきた二人は、その光景に驚愕する。
乗員の単純な点呼ミスで、大海原に取り残されてしまったのだ。

見始めは、主人公達と同様に少し余裕で観ているのだが、観ているうちに徐々に恐怖が深層心理に入り込んできて、気付かないうちに「オープン・ウォーター」に侵されていく。
もしもあれが自分だったらと考えるとなおさら”ゾーッ”とするような恐怖がわき上がってくる。

どうせ観るなら、海水浴やダイビングに行く前に観るのが良いかもしれないが、おそらく恐怖で底の見えない海には入れなくなるだろう。
この時初めて「オープン・ウォーター」の恐怖に巻き込まれていたことに気付くだろう。。。
実話を基にした映画はいまいちな場合が多いが、この映画はいけてる。


それにしても映画評を書く時期がチョットずれてるような気がする。
観たのは夏真っ盛りだったのだが。。。

Comments

Leave comment










Trackbacks

Trackback URL
Monologue - Cinemaな夜に -
オープン・ウォーター (2003年)
倦怠期を迎えたカップルが仕事を忘れて休暇を過ごそうと訪れた南の島しかし、ここでも
おきらく楽天 映画生活
『オープン・ウォーター』を観たぞ〜!
『オープン・ウォーター』を観ました実際に海で起こった惨事を、CGや特殊技術を一切使わずに映像化したサスペンス・スリラーです>>『オープン・ウォーター』関連原題: OPENWATERジャンル: サスペンス/アドベンチャー/ドラマ製作年・製作国: 2004年・アメリカ上
アロハ坊主の日がな一日
[ オープン・ウォーター ]1時間、二人っきりのシーン。飽きないか?
[ オープン・ウォーター ]@渋谷で鑑賞。 1998年にオーストラリアで起きた事件をもとに作られた映画。 「最も怖い実話」っていうのは、どうかと思う。 かなり煽っているぞ。こんなバカでかい大きさで。 しかし、あの『メメント』(2001年)『ブレア・ウィッチ

Recent comment

Recent trackback