イングロリアス・バスターズ

quote

タランティーノにとってイングロリアス・バスターズは、パルプフィクションをしのぐ興行成績を残しそうな映画。 内容的にもタランティーノの作品の中では、パルプフィクションに次ぐ良作。 話の舞台は第2次世界大戦下、悪名高きナチスドイツによって占領されたフランス。 ユダヤ人の迫害を続けるナチスドイツ軍と、それに制裁を加えるべく結成されたアメリカ軍の特殊部隊「イングロリアス・バスターズ」の闘いを中心に、5つのチャプターに分けられたストーリーが展開していく。 そこにユダヤ・ハンターの異名をとるランダ大佐の追跡から、間一髪で逃げ切ったフランス系ユダヤ人ショシャナが絡んでくる。 この映画の中心となるバスターズの構成員は、ユダヤ系アメリカ人でなかなか癖がある。 中心人物のアルド・レイン中尉(ブラッド・ピット)は、アパッチの血も引いていて自慢のナイフで頭の皮を剥ぐのが趣味。 他にもバットで脳みそをぶちまける「ユダヤの熊」。ナチ将校13名を殺害したもとドイツ兵などが登場する。 ナチス側は、冷静沈着で頭が切れ、ユダヤ人を捜索させたら右に出るものはいない、ユダヤハンターことハンス・ランダSS(親衛隊)大佐(クリストフ・ヴァルツ)。 250人の連合軍兵士を殺した英雄フレデリック・ツォラーSS一等兵(ダニエル・ブリュール)。英雄である彼を題材にした映画が、本人主演で作られる。 イングロリアス・バスターズは、戦争映画といわれるが大規模な戦闘シーンはない。暴力描写はあるものの、ほとんどがナチスとバスターズ達の心理的ヒューマンドラマで、人種問題などきわどい所もあるが、出演者達のキャラクター付けにもみられるブラックな笑いが、あちらこちらにちりばめられている。 しかし、なんと言ってもこの映画の見所は、主演のブラピ扮する「バスターズ」のアルド・レイン中尉とクリストフ・ヴァルツ扮する「ユダヤ・ハンター」ハンス・ランダ大佐達の観るものを引きつける演技力だろう。 彼ら二人の醸し出すキャラクター達は素晴らしい。これだけでも観る価値はあるだろう。 それにしてもブラピは、オードリー春日ばりの姿勢の良さもさることながら、存在感がすごい。 イギリス軍の将軍役で登場するマイク・マイヤーズも出てくるだけで吹いてしまった。 また、サミュエル・L・ジャクソンとハーヴェイ・カイテルが声だけで出演している。 最後にクエンティン・タランティーノ黄色好きだな。
JUGEMテーマ:映画

リチャード・ニクソン暗殺を企てた男

quote

リチャード・ニクソン暗殺を企てた男は、1974年にサミュエル・ビックが実際に起した事件を基に作られた。ちなみにリチャード・ニクソンは、当時のアメリカ大統領。 アカデミー俳優ショーン・ペンが演じる主人公のサム・ビックは、ナオミ・ワッツ演じる妻のマリーとは別居中で、男がいて離婚調停を申請している最中。 しかし、どちらかといえば恵まれた環境で育っている。 兄が経営するタイヤショップでセールスしていたが、兄の考える経営と自分の考える経営手法があわずに店を辞め、インテリアショップのセールスマンになる。 ドン・チードル演じる、知り合いで整備工場を経営するボニー・シモンズと共に新しい商売を興そうと資金援助の申請中。 離婚問題を抱えているが、収入を得るすべは持っている。とにかく真面目で不器用な生き方をしている。頑固で頭の固い人間だった。 それが何故リチャード・ニクソンの暗殺を企てたのか。。。。。 実話を基にした作品は、映画としてはイマイチになることが多いが、この映画は実話を基にしているわりには、見応えのある作品に仕上がっている。 そして、さすがにショーン・ペン。いい演技を見せてくれる。それだけでも観る価値はあるだろう。 しかしショーン・ペンは、あれだけ嫌っていたアカデミー賞を、大人しく貰ってしまったのは何故? それにしても職場の上司達がウザ過ぎる。
JUGEMテーマ:映画

クローバーフィールド HAKAISHA

quote

クローバーフィールド HAKAISHAは、公開前からWebサイトなどを駆使して、事実であるように演出する。インターネットに依存した現代社会を利用したブレア・ウィッチ・プロジェクトにつぐ、新しい手法の映画。 アメリカ国防総省が保管している、ニューヨークのセントラルパークで回収したホームビデオで撮影された映像を再生すると言うところから始まる。 クローバーフィールドは、このホームビデオで撮影された映像をそのまま流すのだ。 主人公ロブのビデオカメラで、プライベートな映像が入っていたり、日本への転勤が決まったロブへのメッセージやホームパーティーの映像が入ってる。 そして、それは突如として起こる。。。 停電、不気味な音、そして予告で観る自由の女神の頭が飛んでくる。。。 いわゆるパニックムービーに分類されるのだろうが、全篇ホームビデオを使った素人撮影といった体であるために、音楽が入っていなかったり、画面のブレがすごいなど、酔いやすい人は、酔いとの闘いになるかもしれない。 この映画は、インターネットで「クローバーフィールド」と検索すると様々な情報がヒットする。 その他の映画でもヒットはするだろうが、クローバーフィールドに関しては、制作者が意図的に作ったサイトが幾つか存在するから面白い。 主人公ロブが勤める仮想の会社のページや、YouTubeを使った架空の事件のニュース映像、出演者のプライベートページなどが準備されている。 「クローバーフィールド」はもちろん「タグルアト」「Sulusho」等で検索する。あるいはhttp://www.1-18-08.com/のサイトなど、他にも出てくるはずだから興味のある方は探してみると良い。 ただ最初はあまり情報を持たないで観た方がいい。観てみてから検索した方がいい。 単なるパニックムービーと違って謎の部分が多いのが特徴で、映画の中に謎解きとなるヒントがちりばめられているから、一度や二度観ただけでは謎は解けないだろう。 謎解きが好きな人にとっては探求心をくすぐられる映画でもある。 それにしても日本人で英語がわからない人にとっては、このインターネットを二次的に利用した手法は、おそらくこれからもっとメジャーになるだろうから不利だな。 クローバーフィールドは、インターネットを利用できる出来ないなどでも意見が分かれるところかもしれない。
JUGEMテーマ:映画

The 50 Greatest Independent Films

quote

2005年にEmpire誌が発表発表したインディペンデント映画のランキング「The 50 Greatest Independent Films」。 データはチョット古いですが先日の絡みでアップします。 ちなみに私は31/50作品を見ていました。中には入手困難な作品もありますが50作品全て制覇するつもりです。 リンクが付いている作品は、このサイトで映画評を書いている作品。 1 レザボア・ドッグス 2 ドニー・ダーコ 3 ターミネーター 4 クラークス 5 モンティ・パイソン/ライフ・オブ・ブライアン 6 ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド/ゾンビの誕生 7 セックスと嘘とビデオテープ 8 ユージュアル・サスペクツ 9 サイドウェイ 10 ミーン・ストリート 11 バッド・テイスト 12 イレイザーヘッド 13 メメント 14 ストレンジャー・ザン・パラダイス 15 ブラッド・シンプル 16 シーズ・ガッタ・ハヴ・イット 17 シティ・オブ・ゴッド 18 ウィズネイルと僕 19 真実の囁き 20 Slacker 21 ロジャー&ミー 22 吸血鬼ノスフェラトゥ 23 悪魔のはらわた 24 ハピネス 25 ドラッグストア・カウボーイ 26 ロスト・イン・トランスレーション 27 ダーク・スター 28 In the Company of Men 29 バッド・ルーテナント 30 スウィート・スウィートバック 31 ピンク・フラメンゴ 32 断絶 33 シャロウ・グレイブ 34 ブレア・ウィッチ・プロジェクト 35 THX-1138 36 バッファロー66 37 マルコビッチの穴 38 ポイント・ブランク 39 パッション 40 ディセント 41 Dead Man's Shoes 42 スウィンガーズ 43 アメリカの影 44 アモーレ・ペレス 45 マッド・マックス 46 悪魔のいけにえ 47 ブラッド・ファースト 48 キューブ 49 ラン・ローラ・ラン 50 エル・マリアッチ 全てについて映画評を書く予定でいる。 ※英字の題名は、日本未公開作品(元々英語のものは除く)。
JUGEMテーマ:映画

レザボア・ドッグス

quote

喋り・裏切り・疑い・サイコ・バイオレンス。こんな感じの映画は、クエンティン・タランティーノ監督のデビュー作品「レザボア・ドッグス」。 宝石店を襲う計画を立てた、ボスのジョー(ローレンス・ティアニー)と息子のエディ(クリス・ペン)。 その二人に選ばれ集まった6人のプロたち、ホワイト(ハーベイ・カイテル)、オレンジ(ティム・ロス)、ブロンド(マイケル・マドセン)、ピンク(スティーブ・ブシェーミ)、ブルー(エディ・バンカー)、ブラウン(クエンティン・タランティーノ)。 彼ら8人は、とあるレストランでマドンナの「ライク・ア・ヴァージン」の歌詞について、どうでも良い話で盛り上がっている場面から始まる。 場面が変わると、車の中で血だらけになりわめき散らすオレンジをなだめるホワイトのシーンが目に飛び込んでくる。 そして、待ち合わせ場所に着いたホワイトとオレンジ達の後から、「チームの中に警察の回し者がいる」とわめきながらピンクがはいてくる。 そうやって、宝石強盗の回想シーンを絶妙に織り交ぜながら、ストーリーは進んでいく。 映画オタクが映画を作ると、こんな感じになるのだろうか。 新世代の映画監督クエンティン・タランティーノのデビュー作のレザボア・ドッグスはそんな感じの映画。 映画好きの方は、銃を向け合うシーンなど観たことがあるようなシーンに出くわすのではないだろうか。 出演者もデビュー作にしてはかなり豪華で、ハーベイ・カイテル、ティム・ロス、マイケル・マドセン、そしてわれらがスティーブ・ブシェーミ等、演技派ぞろいである、勿論クエンティン・タランティーノは除いてだが・・・。 それだけでも見ごたえがある作品である事は、解って頂けるのではないだろうか。 レザボア・ドッグスは、タランティーノにとってパルプフィクションに次ぐ傑作。 おそらくキル・ビルを含めこれ以上の作品を作るのは厳しいのでは?!と思わせる位の作品だ。 それにしても、クエンティン・タランティーノは、俳優によく喋らせたがるな、特にセリフを早口で弾丸のように喋らせるシーンがお好きのようだ。 ちなみにレザボア・ドッグスは、Empire誌が選ぶインディー映画ベスト50「he 50 Greatest Independent Films」の堂々1位に選ばれている。
JUGEMテーマ:映画

ディセント

quote

ディセントは、低予算で作られたイギリス製インディペンデント系の映画。
一応ホラーに分類されているため一部グロいシーンもあるので、その系統が駄目な人は観ない方がいい。

女友達だけで楽しそうにラフティングをしているシーンから始まる。
その男勝りな女性グループの中でも冒険好きの主人公の女性サラは、旦那と娘が一緒に来ていて幸せそう。
冒険も終わり車で帰途につくサラの家族には思いも寄らぬ悲劇が襲いかかる。。。。

サラが病院で気付いたときには、全てを失っていた。
交通事故で身も心も傷ついたサラは一年後、冒頭で出てきた仲間達に誘われて洞窟探検に出かける。
観光向けの洞窟で、用意周到に見えた洞窟探検だったが、しかし。。。。

冒頭でいきなり衝撃的なシーンを見せられるが、その後は、洞窟にはいるまで淡々と話が進んでいく。
洞窟に入ると、壁が近くて徐々に圧迫感を感じる。閉所恐怖症の人には、たまらないシーンが続く。
そして崩落事故で、全員が洞窟に閉じこめられてしまう。
ここまででホラーを見ていることを忘れているが、洞窟に閉じこめられてからは、この映画はいきなり豹変し、ホラーを見ていることを認識させられるのだ。
そして衝撃のラストへと続く。

これ以上書くとネタバレになるから書けないが、衝撃シーン、ホラー、友情、裏切りなどサスペンスの要素も含んでいるので、最後まで気を抜かないで観た方がいい。


それにしてもサラは、いろんな意味で強すぎる。


JUGEMテーマ:映画


オープン・ウォーター

quote

オープン・ウォーターは1998年1月25日。
オーストラリアのグレート・バリア・リーフで起きた実際の事件を基に作られた。
低予算で作られたインディペンデント系のこの映画は、サンダンス映画祭でも話題になった作品。
低予算であるがためにCGやセット、スタントは使わずに海で撮影された。


アメリカからカリブ海にバカンスに来ていた夫婦は、余暇を楽しんでいた。
そしてある日スキューバ・ダイビングのツアーに参加する。
何組かのツアー客と乗員達を乗せたリーフ・エクスプローラー号は、早朝ダイビングスポットに向けて出発する。
ガイドの説明を受け2人1組でのダイビングが始まった。
予定時間ギリギリに海面にあがってきた二人は、その光景に驚愕する。
乗員の単純な点呼ミスで、大海原に取り残されてしまったのだ。

見始めは、主人公達と同様に少し余裕で観ているのだが、観ているうちに徐々に恐怖が深層心理に入り込んできて、気付かないうちに「オープン・ウォーター」に侵されていく。
もしもあれが自分だったらと考えるとなおさら”ゾーッ”とするような恐怖がわき上がってくる。

どうせ観るなら、海水浴やダイビングに行く前に観るのが良いかもしれないが、おそらく恐怖で底の見えない海には入れなくなるだろう。
この時初めて「オープン・ウォーター」の恐怖に巻き込まれていたことに気付くだろう。。。
実話を基にした映画はいまいちな場合が多いが、この映画はいけてる。


それにしても映画評を書く時期がチョットずれてるような気がする。
観たのは夏真っ盛りだったのだが。。。

隠された記憶

quote

隠された記憶。
ミヒャエル・ハネケ監督による深層心理に訴えかけてくるフランス映画。

オープニングでいきなり、一瞬静止画?と思わせるシーンが音楽もなく長々と続くために、ん!?失敗したかなと思う。
主人公達の声が聞こえてきて、始まってたんだとチョットほっとする。

テレビに出演しているジョルジュ(ダニエル・オートゥイユ)と妻アン(ジュリエット・ビノシュ)は、自分たちの家の前から撮ったと思われる映像が録画されたビデオを観ていたのだ。

何所からどのように何の目的で撮ったのかは解らないが、明らかに意図的に主人公達の家を定点カメラで撮っているのだ。
差出人も解らない、手紙などもなく意図もわからない、ただ家の前の映像を納めただけのビデオ。
そういったビデオが、2回3回と届く。これらは撮った日時が違うのである。

気になった夫婦は、警察に届けるが事件にならないと相手にしてくれない事を知る。
誰が何のためにやっているのか・・・自分で調べ始める。
そして事件は起こるのだ。


この映画は、音楽がないためにすごく静かな印象だ、それも不気味な位静かだ。
それにゆったりとしたペースで進んでいく。しかし、謎を解くために頭はフル回転している。
そして徐々に引き込まれていき、最後にはまさかの展開が・・・。

この映画は、おそらく映画館で観るよりもDVDで観た方が正解だったと思う。
必ず監督のインタビュー映像を見た方がいい。



それにしても謎の多い映画だ。
好きな人には、たまらない作りになっているが、あまり考えると眠れない悶々とした日々が待っている?

REVOLUTION6(レボリューション6)

quote

まだドイツが西と東に分かれていた頃。ベルリンのクロイツベルグ地区マッハナウ通りのマンションを拠点にした「GROUP36」と名乗るアナーキーな6人組、が当時の政府にたいして抵抗運動を繰り広げていた。
彼らは自信の運動をフィルムに収めていた。彼らはとある豪邸に手製の圧力鍋爆弾を仕掛けるが、これまで同様爆発はしなかった。
時は流れ、ベルリンの壁は崩壊、東西ドイツの統合、ユーロ導入など激動の時代を過ごす。
あの豪邸に不動産業者と買い手が現われ、開かない扉を無理矢理こじ開けると、爆発しなかったあの爆弾が爆発してしまう。
この爆弾の爆発をキッカケに、警察はかつて抵抗運動の拠点だったマッハナウ通りを一斉に取り締まりが行われる。
マッハナウ通りで「GROUP36」として、今なお抵抗運動を続けるティムと車椅子の生活を送るホッテの2人は、あの時に撮ったフィルムを押収されてしまう。

今もなを自分たちの黄金時代から抜け出せない2人は、別の道を進んだ4人を探しだし、証拠となってしまうフィルムを押収されたことを告げて回る。
更生して大人としてまともな道を進んでいた彼らは困惑し、迷惑顔すらみせる。
しかし、自分たちの身も危険だと理解したとき彼ら6人は協力して押収されたフィルムを警察から奪還する事を選ぶ。

光っていた過去から抜け出せない男2人と、かつて輝いていたときも通過点として生きている男女4人のギャップをリアルに描きながら、かつての仲間達の友情や人間模様も描いた面白い作品。

刑事が言った一言「右と左の闘いは終わった。勝ち組と頑固な負け組の闘いだ。」が印象的。
ドイツで起こった特有の激動の時代をもとに映画にしているのだが、こういった主人公達の生き方は、現代の日本にいても感じることが出来るだろうから、観ていても感情移入しやすいく楽しめた。
6人の内誰に共感できるかは、人それぞれだろうが、この映画で青春だな!といった感じの映画。


それにしても
ティムがベンツに付いているボンネットのマーク「スリー・ポインテッド・スター」をスポッ!ていう感じで、簡単に取ってたけど実際にもあんなに簡単に抜けるものなのか?

ハードキャンディ

quote

現代版赤ずきんちゃん。ハードキャンディ。
とは言ってもオリジナルストーリー。
出演者は3人だが、ほぼ2人で作られた極低予算映画。

14才の少女ヘイリーは、出会い系サイトで知り合った34才のカメラマンのジェフと直接会う約束をする。
キュートな少女ヘイリーを気に入ったジェフは、いつものように彼女を自宅に招待する。
ヘイリーは疑う様子を見せることなくジェフの家についていく。ジェフは下心見え見えで酒を飲ませようとする、しかしヘイリーは自らスクリュー・ドライバーを作りジェフに勧めるのだ。
そして罠だと気付いた時には既に遅かった。。。。

この映画は怖い。特に男性はイライラするだろうし、腹立たしくも思うだろう。しかし一番は身も凍る(縮こまる)思いをする事だ。
14才と言えば中学生だが、34才のおっさんと世にも恐ろしい(面白い?)ゲームを繰り広げる。


ちなみにハードキャンディは、直訳すると「固いアメ」だが、題名で使われている意味は、スラングの方だ。
その辺の意味は、このサイトでは自粛させてもらう。意味を知らないで観た方が楽しみが増えて面白いだろうから。

Recent comment

Recent trackback